STUDENT SUPPORT

学生支援


魅力度ランキング全国トップクラスの信州で学ぶ。
安心、快適なキャンパスライフサポート。

学費サポート制度

高等教育の修学支援新制度  
入学金減免制度  
クリエイティブA奨学特待制度  
日本学生支援機構奨学金制度  
  

教育ローン

日本政策金融公庫(国の教育ローン) 

修学サポート

アパートなど住まいの情報  
専任教員が行う学生支援  




学費サポート制度について

高等教育の修学支援新制度

大学や専門学校で学びたい気持ちを応援する、令和2年4月からの国の新制度です。 授業料・入学の免除または減額と、返還を要しない給付型奨学金の大幅拡充の支援があり、本校は本制度の対象校となっています。

対象となる方 住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
※支援の対象となるか、どれくらいの支援が受けられるか、日本学生支援機構のホームページで大まかに調べることができます。
適用方法 授業料・入学金の免除又は減免は本校が、給付型奨学金の支給は日本学生支援機構が行います。
内 容
授業料減免の上限額(年額) (住民税非課税世帯の学生の場合)
・住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生は、住民税非課税世帯の学生の2/3又は1/3の支援となります。
・2年次以降から支援を受ける人は「入学金」の免除・減額は受けられません。
入学金: 約160,000円
授業料: 約590,000円

給付型奨学金の給付額(住民税非課税世帯の学生の場合)
・住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生は、住民税非課税世帯の学生の2/3又は1/3の支援となります。
・( )は生活保護世帯で自宅から通学する人及び児童養護施設から通学の場合。
自宅生: 38,300円(42,500円)
自宅外: 75,800円

申込方法など 申込方法などの詳細は、文部科学省「高等教育の修学支援新制度」のウェブサイトをご覧ください。


入学金減免制度

減免資格を満たしている学生を対象に入学金の減免を行います。

減免資格 減免額
入学年度に本校に在籍する2親等以内の親族がいる場合。
又、同時入学の場合。
半額免除とする。
同時入学の場合は、1名分の半額免除とする。


クリエイティブA奨学特待制度

成績優秀学生に、本学校法人独自の奨学特待制度を設けています。
対象制限及び審査があります。詳細はお問い合わせください。


日本学生支援機構奨学金制度

人間性、学業ともに優れた学生が、経済的な理由により就学が困難である場合、日本学生支援機構(旧:日本育英会)から学資として奨学金を受け取ることができます。

貸与型奨学金

貸与型奨学金は、利息の付かない第一種奨学金と、利息の付く第二種奨学金があります。
これらとあわせて入学時の一時金として貸与する入学時特別増額貸与奨学金(利息付)があります。
詳しくは日本学生支援機構ウェブサイトをご覧ください。

奨学金の制度(貸与型)
第一種奨学金(無利子)
自宅
貸与金額(月額)
自宅外
貸与金額(月額)
貸与金額(月額) 30,000円・
53,000円
30,000円・
60,000円
第二種奨学金(有利子)
貸与金額(月額) 30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円
入学時特別増額貸与奨学金(有利子)
貸与金額(一時金) 100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円

※専修学校・私立の金額になります。
※所定の審査があります。
※高校在学時に予約手続きができますので、詳細は高等学校の奨学金担当の先生にお問い合わせください。


教育ローンについて

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

教育のために必要な資金を融資する公的な制度で、入学時や在学中の費用として幅広く使うことができます。 ※お申込時に一定の審査期間があります。ご利用を予定されている方は合格通知後では、手続き締切日までに学資調達が間に合わない場合がありますので、お早めのお手続きが必要です。

日本政策金融公庫


修学サポート

アパートなど住まいの情報

長野の美専はJR長野駅からほど近くのキャンパスで、通学や生活に有利な立地の学校です。アパートなどの物件も豊富です。
ご相談により、提携の業者によるご案内も行なっています。

長野美術専門学校への通学に便利な賃貸アパート・マンション情報

● 進学応援部 >
● UniLife学生マンション >
● suumo学生版 >
● レオパレス21 >

長野市の賃貸アパート・マンション・戸建て情報

● DOORchintai >
● CHINTAI >
● スマイティ >
● アパマンショップ >


専任教員が行う学生支援

専門学校は大学などと並ぶ高等教育機関ですから学生となればもう大人、高校までとは違います。クリエイティブは自由を重んじていますので、個人の主体的性が特に大事になります。だからこそ履修計画をたてるにも、生活を軌道に乗せるにも、多様な課題が待ってもいます。美専には専任の「修学コーディネーター」がいて"付かず離れず"のサポートを行なっています。
寄り添い過ぎず放ったらかしにせず、大学と専門学校のいいとこ取りの支援方針です。

石原円窓.jpg

修学コーディネーター
石原 俊彦 先生

修学目標に向かい、悩み事、相談事を総合的に相談室を中心にして支援します。

本気で専門に美術を学びたい。就職は、学んだ美術の力を生かせる仕事に就きたい。そんな夢や希望の実現は決して不可能ではありません。よく禅寺玄関で「照願却下」の標識を見かけます。真意は「自己をよくみつめよ」です。一作品は、暗闇の中での手探りによる成果物として誕生します。日々自己を見つめ、自己の中に埋もれ秘められているもう一人の自分と出会うことが大切です。決して心の灯りは消えません

ページトップへ戻る