美専修学ライン
トップ教育課程>美専修学ライン

美専修学ラインについて

5つのテクニカルライン

美専では専門性ごとの科目群を「テクニカルライン」と呼んでいます。
5つのラインが学生の将来につながっています。

図:5つのテクニカルライン

5つのテクニカルラインと3つのキャリアステージ

各テクニカルラインには、基礎を習得する「ベーシック」、オリジナリティを獲得する「パーソナル」、そして実践的な「プロフェッショナル」の3つのキャリアステージがそれぞれ設定されており、各ステージに応じて科目が設置されています。

図:5つのテクニカルラインと3つのキャリアステージ

学科と5つのテクニカルライン

学科ごとの方針により、それぞれのラインの科目が配当されています。

図:学科と5つのテクニカルライン

デザインライン

造形の基礎から、トータルデザインへ

確かな造形表現力をもとにして、あらゆるモノやコトを形成してゆくトータルなデザイン力を学びます。

  • イメージ
  • イメージ

映像ライン

映像表現の可能性を知る

映像の仕組みや編集技術を学び、自分が思い描いた世界を、映像を通して表現するセンスを磨きます。

  • イメージ
  • イメージ

アニメキャラクターライン

キャラクターで表現する

ストーリー性のある背景を持った登場人物や動物、擬人物など、ユニークなキャラクター表現を学びます。

  • イメージ
  • イメージ

ファインアートライン

ビジョンを形にする

芸術表現の基礎を学ぶことから始まり、自分のビジョンを作品として形にしていく「アーティスト」としての礎を築きます。

  • イメージ
  • イメージ

イラストレーションライン

イラストレーションで周りとつながる

視覚伝達のためのツールとして、社会で広く用いられるイラストレーションの描画や彩色画の表現力を身につけます。

  • イメージ
  • イメージ