理念と学校長メッセージ

トップ>美専について>概要>理念と学校長メッセージ

信条

「クリエイティブの哲学を社会形成の要とする」

   芸術は、今まで形のなかったものの姿を見いだします、価値のなかったものに役目を与えます、世界に新しい意味をクリエイトしていくのです。
   クリエイティブによって、明日の社会を形づくっていくことを宣言しましょう。クリエイターこそが社会形成に重責を担うのです。クリエイティブの哲学を、これからの社会の形成の要とするために、私たちは芸術教育活動を行います。

教育目標

「表現の喜びを社会価値へ昇華できるクリエイターの育成」

   人間は絵を描くなどなんらかの行いで世界を表し、世界との対話をしてきました。そして新しい意味や価値を見つける喜びを重ねてきました。クリエイティブの核心にあるものは、まさしくこの「表現の喜び」です。一方人間個々人は社会に生きています。社会は共同体にとっての価値を必要とし活動し続けています。私たちが育てる人材は、「表現の喜び」を武器とし社会にとって価値ある創造をして行こうとするクリエイターです。
   長野美術専門学校は、個人の表現する喜びを社会の活動の場に広げ、真の創造力を持って共同体の価値に昇華していけるクリエイターを育成します。

学校長

クリエイティブの育み

学校法人 クリエイティブA 長野美術専門学校 学校長
小林勝彦

私たちは、自分が生きていることや世界の意味について考えます。芸術はその答えを少しずつ見せてくれるとても大切な活動です。人間は人としての初めから生や世界を表す行為を行い、そのたびに、生きる意味を自分の中に確認してきました。本校建学の精神“芸術は人間に生きる力を与えてくれる”とはそういうことだったのです。 人間は歴史をずいぶん重ねてきましたが、この世界はまだまだ解き明かされることはありません。私たちは、さらに表現の楽しみを重ねていきましょう。眠っている真実は日の出前の太陽のように輝きの時を待っています。今はまだ姿のない価値が物と事の間に埋もれています。生き生きとした意味の発見は遊びの中にこそあるのです。 さあ、好きなことから、はじめよう!そうしてクリエイティブを育み、人間らしい世界を人間の手に!

使命

「創造力の教育を通じて学生に最良の通過点(プロセス)を提供する」

   本校の活動においての課題は全て、「学生にとって最良の通過点(プロセス)を提供する」道の途上にあります。学校が学生にとっての、最良の通過点となるためにどんな受け入れをし、どんな生活を提供し、どんな場面に送りだしていくのか、学校はどんな活動体であるとよいのか…。本校はあらゆる課題に対し「学生にとっての最良の通過点を提供するため」に取り組みます。
   これが長野美術専門学校の使命であり、創造力の育みを通じてこそ成し遂げられる使命であります。